top of page
  • 執筆者の写真Tomoko Iida

【ハーブティー習慣プロジェクト】@山形県




【ハーブティー習慣プロジェクト】

生産者を訪ねる@山形県 ダマスクローズ


バラの町 山形県村山市。車を走らせると、歩道には多種のバラが植えられています。

今の時期は、見渡すとさんくらんぼ。

上品で幸せな町。奥羽山脈そして近くに、将棋の駒で有名な天童市もあります。

山形の中でも内陸側です。


今回訪れた生産者様は【山形薔薇蒸留所】

最上川が流れる側に蒸留所があります。静かで、ゆっくりと川が流れています。

冬は1m以上の積雪があるようです。

このような環境で育った、ダマスクローズたちは、

園主の佐藤さんが自らブルガリアに足を運び、ブルガリアの苗を使って

山形の地で育てています。

そこには試行錯誤して今があります。今でもそれは続いています。


⁡先日たくさんのローズをこちらまで届けてくれましたが

現地で見るローズは力強くて、パワーがある。そして優しい。

ティーにするならと私はここのローズを選びました。

ハーブティーを習慣にするためには、美味しくて、長く飲み続けられるもの。

そしてからだが喜ぶものでありたい。

という思いを大切に、素材を選ぶようにしています。

生産者様が素材と向き合う真摯な姿に、いつも感動をいただきます。


⁡蒸留体験もさせていただきました。佐藤さんの蒸留器はブルガリア産のもの。

その蒸留器で採れた蒸留水は、香りが優しく華やか。

このバランスがとても好きなんです。華やかすぎても強すぎる。

ティーにする時はその芳香のバランスも大切です。

また、フレッシュやドライ。

そしてその年でも若干香りが違う。

私たちは、そのちょっした変化も大切に素材を活かした

ブレンドができるようにしています。そして、楽しんでいます。


⁡毎年成分分析をかけているエッセンシャルオイルの数値は

なんと!現地よりも品質基準値が一桁違うようです。

佐藤さんの精油はすぐに完売。今年も予約で残り少ないようです。

その蒸留水を吹きかけると、ふと緩みます。

こんな体の変化を見逃さないようにしています。


同じ素材でも、自分に合うハーブを見つけてほしいと思っています。

そんなところにも気づけるように授業を進めています。


⁡出会う生産者様に現場でしか得られない学びをいただいています。

遠くにいても生産者様と生徒様が繋がれる場。

しっかりとまとめて早く、お届けできるようにしないと!

良い企画ができそうです。


⁡佐藤さん、そして奥様アテンドいただきありがとうございました。



================

【7月23日(火)開講】受付中

♦︎ハーブブレンドスタイルトレーナー講座(全6回)

♦︎ハーブブレンドスタイル入門講座 随時受付

================

閲覧数:10回0件のコメント

댓글


bottom of page