top of page
  • 執筆者の写真Tomoko Iida

【ハーブティー習慣プロジェクト】@淡路島




生産者を訪ねる@淡路島

鳴門オレンジの香りに魅せられて

淡路島にある果樹園様を訪ねてきました。


⁡ビターオレンジに並び、香り高いオレンジで有名な鳴門オレンジ


⁡歴史は古く淡路島で約300年前に発見された原種に近い柑橘🍊

ダイダイと紀州みかんとの掛け合わせ。などとも言い伝えられているようです。

時期によって味のバランスが変わってきます。

2〜3月頃が一番香り高く、加工に向いているようです。

原種を守っていきたいと、身土不二という考えを持ちながら

他の鳴門オレンジの生産者と共に、力を合わせて作り続けています。

鳴門オレンジの他に、一次加工品などにも手をかけ広げています。

13代目だそうです。


⁡今回こちらからご相談をもちかけたところ快く、引き受けていただきました。

果実の時期はそろそろ終わりで

オレンジフラワーの香りに包まれていました。

若い木から樹齢20年、50年ものまで。

代々伝わってきた鳴門オレンジの木を見せていただきました。


樹齢に合わせた管理など、環境と共存しながら育てていく姿を

拝見して私たちも行動せずには、いられません。


⁡果実を絞った果汁は、程よい酸味と甘さがあり美味しい。

身体に染み渡り、元気になっていくのがわかるほど。


苦味と爽やかな甘さのあるピール。私たちはその素材を理解し

活かしたブレンドを作っていくことで、皆様の健康のお手伝いをしていく。

気が引き締まる思いです。


⁡鳴門オレンジのジュースやジュレなど扱っています。

ジュレやピュレは風味がとても良い。美味しいです。


活用法を知る事で、ハーブの魅力がグッと広がりますね。

皆様にもこの鳴門オレンジの魅力を、伝えていきたいと思います。

お待ちくださいね。




閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page