top of page
  • 執筆者の写真Tomoko Iida

【ハーブティー習慣プロジェクト】@淡路島



【ハーブティー習慣プロジェクト】

生産者を訪ねる@淡路島


日本で育ったハーブを積極的に使用し、健康へのサポートをしていきます。


ご存知の方も多いのではないでしょうか。淡路島にあるカレンデュラを扱っている

廣田農園様にお話をお伺いしてきました。ピーク時期ではなかったのですが、

まだまだお花が残っていましたよ。

現場だから聞ける貴重なお話お伺いしてきました。


⁡カレンデュラを育てて、60年近くになる生産者様です。

有機JAS認定を取得しているカレンデュラです。

1輪が大きく、色が鮮やかなんです。ティーにすると、

ほのかな苦味と甘み、そしてとろんとした粘液質。

温暖で海風から受けるミネラルたっぷりの土地で育っています。

そして生産者様の想いがたくさん詰まったカレンデュラです。


淡路島だからできるカレンデュラ。

現地にきて、カレンデュラの素晴らしさ(こういうことだったのか〜!)と

繋がる点がたくさんありました。


⁡私もこのハーブに何度助けられたことか。春先にかけて、アレルギー症状や

肌が荒れるのですが、カレンデュラオイルでマッサージすると

荒れた肌が整うのです!踵のガサガサにもおすすめ。

天ぷらやピクルスにも(美味しいですよ)


⁡ハーブの素材は、優しい色や素材が多い中、鮮やかなオレンジ色は大変貴重です。

眺めているだけでも、植物の持つエネルギーを感じ、元気がみなぎってきます。


肥料はカレンデュラを使用し、一輪一輪手摘みをしています。

廣田さんの優しさと想いと、エネルギーを持ち帰ってきました。


⁡私たちは、この想いをしっかり届けていくこと。どんなカタチで伝えることができるのか?

生産者様そして消費者様、ひとりひとりに寄り添ったハーブの伝え方。

橋渡しができるようしっかり土台を作っていこうと思います。



閲覧数:1回0件のコメント

コメント


bottom of page